卒業式 袴 徹底比較卒業式のレンタル袴ショップ徹底比較サイト

CONTENTS

卒業式 袴 徹底比較 人気ランキング

袴を着るときに必要なものあれこれNecessary

袴を着るときに必要なものあれこれ

①着物

着物は振袖や色無地、訪問着などのお持ちのものでも大丈夫ですが、最近の流行は二尺袖という少し長めの袖丈の着物を選ぶ方が多いです。
振袖を着て袴を着る場合袖丈が長いので、袴はシンプルに無地一色や無地ボカシを選ぶ方が多いですね。

②長襦袢

着物の下に着るものです。着物と同じ形をしたものです。
着物と同じサイズのものを着用します。
衿の部分には「半衿」を縫い付けておきましょう。

③半衿

長襦袢の地衿に薄い布を縫い付けて、長襦袢の汚れを防ぐものです。
半衿と長襦袢の隙間に「衿芯」を差し込んで着付します。半衿がないと着付ができないので
必ず事前に縫い付けておく必要があります。
半衿は白無地のものが基本ですが、白以外の色衿や刺繍をしたものも人気です。

④衿芯

幅が4~5㎝、長さが60㎝くらいのプラスチック状のもので、長襦袢と半衿の隙間に差し込んで使用します。
衿の形を美しく保つために必要です。

⑤肌着・裾除け

長襦袢の下に着て長襦袢の汚れを防ぐものです。
肌着は直接肌に触れるものですので、吸汗性のよい木綿ガーゼなどを選ぶと良いでしょう。
裾除けは汚れを防ぐとともに、裾さばきを良くするという目的もあります。こちらは木綿ではなく、すべりの良い生地が良いでしょう。

⑥腰紐

幅が3~4㎝の紐です。3~4本必要です。
様々な素材のものがありますが、モスリン(ウール)のものがしまりが良く、着崩れしにくいので良いでしょう。

⑦伊達締め

幅が10㎝くらいある紐状のものです。2本必要です。
衿元の着崩れを防いだり、おはしょりの長さ調節をするときに使用します。

⑧足袋

草履をはくときに必要です。
木綿が基本ですが、最近はストレッチ足袋も履きやすいので人気があります。
底にすべり止めがあるものの方が歩きやすいです。

⑨袴

武道ではズボン状のものを着用しますが、卒業式ではスカートになっているものを履く方が多いです。レンタルも全てスカートタイプです。
シンプルな無地や無地ボカシ、刺繍の入ったものなど、色柄も豊富です。
着物とのコーディネートを楽しみましょう。

⑩半巾帯(袴下帯)

袴には浴衣に使用する帯を使います。
着物と袴の間に1~2㎝出ますので、アクセントになる色を選ぶと良いでしょう。

⑪草履

お手持ちのものを使っても良いですし、衣裳レンタルの際に一緒にレンタルできるお店もあります。

⑫ブーツ

袴丈を短めにして、ブーツを履いても素敵です。
ブーツは編み上げが人気ですが、プレーンな黒のロングブーツでも大丈夫ですよ。
ショートブーツは袴から足首が見えてしまうので避けたほうが良いでしょう。
また、あまりカジュアル過ぎないデザインの方がすっきりと着こなせます。

⑬巾着

着物と袴に合わせてコーディネートすると楽しいですね。
アクセントになる色を選ぶ方法、同系の色でまとめる方法があります。

⑭補整用具

着物の着付けの際に体の凹凸を平らにするために使います。
専用の補整パッドがなくても、タオルでも大丈夫です。
タオルは温泉でもらえるようなもので、できるだけ生地の薄いものが良いです。
3~4枚必要です。

以下は必須ではありませんが、あれば便利です。

コーリンベルト

長さ調整のできるベルトで、両端にクリップがついています。
衿元の着崩れを防ぐことができます。

和装ブラジャー

バストの形を押さえながら整えることができるので、着物着上りが美しくなり、着崩れを防ぐことができます。

髪飾り

ヘアアレンジの仕上げとして髪飾りをつけるとスタイル全体が華やかに決まります。